読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古川隆久『近衛文麿』

近衛文麿の伝記。意志薄弱で一貫性のない人物という従来の評価に反対して、自由主義者国家社会主義者・アジア主義者として、「英米本位の平和主義を排す」発表時から思想的に終始一貫していたことを指摘し、むしろそうした思想の貫徹ゆえに導かれた外交上の失策に対応できなかった点を批判する。

近衛文麿 (人物叢書)

近衛文麿 (人物叢書)