読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中・山口『ネット炎上の研究』

  • 田中辰雄・山口真一『ネット炎上の研究』勁草書房、2016年。

流し読みしただけ。情報発信の萎縮が第一義的なデメリットであるという意見には賛成できる。また炎上事件における直接攻撃者となる人間はユーザー全体の0.5%に過ぎない(個々の事件についてはさらに数桁小さい)、という統計は興味深い。

他方で「サロン型SNS」(受信無制限、発信を制限)の提案は、それ自体として興味深いものではあるにせよ、Twitter やニュースサイト、マスメディアが外部に存在する限り、少なくとも炎上防止の観点からはそこまで有効ではないようにも思われる。それと「炎上の歴史的理解」の章はなくても良かったのではないか。

ネット炎上の研究

ネット炎上の研究