読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小田中直樹『歴史学ってなんだ?』

歴史学ってなんだ? (PHP新書)

歴史学ってなんだ? (PHP新書)

1. 歴史学は史実を明らかにできるのか、2. 歴史学は社会の役に立つのか、3. 歴史学はそもそも何をしているのか、という問いに答える入門書。1 については、構造主義以後史実の認識と解釈の正誤が区別できるという考えには疑問が付されているとしつつも、「コミュニケーショナルに正しい認識」「よりましな解釈」を追求することは可能である、とし、2 については、集団のアイデンティティの再確認(ex. 網野や安丸の仕事)や相対化(ex. 日本人の立場でアフリカ史を学ぶこと)、あるいは教訓的な事例を知ることによるその更新、といった側面から役立つと主張する。3 については実際の歴史学の営みを引いていろいろと述べている。

次は(おそらく 1 についての議論を深めてくれるであろう)大戸千之『歴史と事実』を読む。遅塚『史学概論』もまあそのうち……。