読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想田和弘(2011)『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』

なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか (講談社現代新書)

なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか (講談社現代新書)

著者の想田和弘は映画作家。作品に『選挙』『精神』『Peace』など。

自らの撮影の体験を語りつつ、自ら「観察映画」と呼ぶ独得の作品群を生み出す方法論を語ったもの。すなわち、(テレビ業界の常識に反して)台本やわかりやすさを先行させない、したがって事前のリサーチやテーマ設定もしない、ナレーションや音楽も入れない、等々。あらかじめ決められた形式やわかりやすさへの過剰な配慮が陳腐さを生む、というのは容易に察せられるところであるにしても*1、そこから導き出される方法で実際にドキュメンタリーを作って成功させてしまうというのは並大抵ではない。

そうして余計な意味付けをしないことが、撮る人・観る人の倫理的態度と関わってくる。たとえば『華氏911』のような単純な善悪二元論に立つドキュメンタリーは、当然著者の望むところではない。黒白をつけられないところにこそ興味深い世界像がありえるということだ。このような意識のもとで観察に徹したドキュメンタリーを撮ることは、逆説的に、撮影者自身が一つの倫理(的状況)を生きることでもあるのだと思う。

もっとも作品を見なければ結局どういうことなのか分からない面はあるし、見なければ、という気になった。そういえば、かつて『精神』が話題になったときに、タイトルの印象があまりに強く、ずいぶん大仰だとさえ思ったことを記憶しているけれど、このタイトルになるまでの事情も書いてあった。

*1:映像作品に限ったことではなくて、たとえば百田尚樹永遠の0』は僕が高校時代に読んだ中でもだんとつにつまらない本だったのだけど、これも放送作品の基本に徹した――あるいは殉じた――結果の作品なのかもしれない。基本に徹しているからこそ、一方で、面白がる人も多くいるのだろう。