読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『プラトン全集』第6-7巻

たまたま図書館で第4-5巻が借りられていたので先にこちらを読んだ。

第6巻

『アルキビアデス I-II』、『ヒッパルコス』、『恋がたき』を収める。訳者解説によればプラトンの真作と見なされているのは『アルキビアデス I』だけであるらしい。

実際『ヒッパルコス』はあまりに無内容に見えるし、『恋がたき』はまとまりが良すぎるように感じる。

『アルキビアデス I』

ソクラテスが美少年アルキビアデスを口説きつつ対話に導く。まもなく成年するアルキビアデスが議会においていかなる助言をするつもりなのか、とソクラテスが問いただし、アルキビアデスは正と不正とについてであると答えるが、かれがそれについて無知であることが対話により明らかにされる。そこで二人は自己自身に気をつけることについて探求し、それが節制 sophrosyne に他ならないということに決着する。これを踏まえてソクラテスは正義と節制とを身につけるようアルキビアデスに勧める。

『アルキビアデス II』

ソクラテスとアルキビアデスとの対話。祈願のため神殿に赴くアルキビアデスに、無思慮に基づく祈願は害悪をもたらしうるとソクラテスが指摘する。精神異常と思慮、また無思慮と思慮との関係が吟味されることでこれが確証される。他方で無知がかえってわざわいを避ける場合があることも指摘される。最後にソクラテスはスパルタの例を挙げて、正義と思慮とを学び知るまでは祈願をひかえるべきだと諭す。

ヒッパルコス

利得を得ることが不正でありうるかということについて友人とソクラテスが議論するが、特に結論も得られないまま終わる。

『恋がたき』

たがいに恋敵の関係にある二人の青年がソクラテスと対話する。内容としては、知を愛し求めることを博学と同一視する一青年に対し、それでは哲学者は各分野において二流どころに甘んじることになり、それは無価値である、とソクラテスが諭す、というもの。

第7巻

『テアゲス』『カルミデス』『ラケス』『リュシス』を収める。訳者解説によれば『テアゲス』は偽作の可能性があり、他はいずれも真作で初期対話篇に属する。

勇気や節制の議論などは読んでいて『神学大全』の人間論を思い出した。

『テアゲス』

デモドコス、その子テアゲスとソクラテスとの対話。知者たることを望むテアゲスに対し、かれの求めている知恵のなんたるかをソクラテスが吟味する。国家を支配し、かつ僭主としてではなくペリクレスのようなアテーナイの政治家がしたような仕方で支配する術である、ということが明らかになる。次いでソクラテスは、それなら誰に就いて教わるのがよいかということを問題にし、政治家自身かれらの知識の教師足りえてないことを指摘する。そこでテアゲスはソクラテス自身に教えを請い、ソクラテスもためらいつつ結局はこれを受け容れる。

『カルミデス』

クリティアスがソクラテスに、美少年カルミデスのことを克己節制(思考の健全さ)sophrosyne において優れた人物であると紹介し、ソクラテスがカルミデスに sophrosyne とは何かを問う。やがてカルミデスはクリティアスから聞いた「自分のことだけをすること」という定義を提示し、ここでクリティアスとソクラテスの対話に移る。クリティアスはそれを「自分自身についての知」と、次いで「知についての知」と同一視するが、いずれも sophrosyne とは合致しないことが吟味の結果示される。ソクラテスは最後に、それでも sophrosyne はなにか良いものに違いないとし、探究が失敗に終わったことを残念がる。

『ラケス』

ニキアス、ラケスとソクラテスとの対話。「勇気とは何か」というソクラテスの問いに対して二人が意見を述べ合う。まずラケスが、戦列を離れないことである、と定義するが、それは勇気の全体を尽くしていないとソクラテスは指摘する。これを受けて忍耐心であると定義を修正するが、これも斥けられる。次いでニキアスが「恐ろしいものと恐ろしくないものとについての知」であるという定義を提示する。これに対してソクラテスは、恐ろしいもの・恐ろしくないものとは予期される善悪に他ならないが、一つの知は過去・現在・未来すべてにおける対象を心得ているもので、するとニキアスの定義は端的に善悪についての知、すなわち徳の全体であると指摘する。やはり結論が出ないまま議論は終わる。

『リュシス』

クテシッポス・メネクセノス・ヒッポタレス・リュシスとソクラテスとの対話。「友とは何か」を主題とする。「愛するもの」「愛されるもの」「愛し愛されて生きるのさもの」という定義がいずれも斥けられ、似ているもの・反対のものが友であるという定義もそれぞれ否定される。次いで「善くも悪くもないもの」が善きものを友とする、という規定が吟味され、ソクラテスは、そのときそうしたものは悪のゆえに・善のために友とするのだ、と指摘する。またこのとき友の系列を辿ってゆくと「第一の友」に行き着くとする。だが結局これも否定される。最後にソクラテスが「自分のもの・血縁のもの oikeion こそ友である」という説を提示し、これを吟味して結局は斥ける。

『プラトン全集』第3巻

ソピステス』『ポリティコス』を収める。解説によれば、文体統計学的に見てこれらはいずれも後期対話篇に属し、とりわけ『ソピステス』は『パルメニデス』篇におけるイデア論の自己批判を受けて記されたものである。

ソピステス

『テアイテトス』篇と物語時間上連続している。すなわち『テアイテトス』篇の最後で翌日再び集まるよう約したソクラテス・テオドロス・テアイテトスらが、約束通り集まって対話を開始したという設定になっている。ただしエレアからの客人が新たに登場し、かれとテアイテトスとの対話が中心となる。

ソフィスト・政治家・哲学者の三者をどう規定すべきかというソクラテスの問いに応じて、本対話篇ではエレアの客人がまずソフィストを規定することを試みる。まず「分割」によってソフィストの技術を定義することが試みられるが、その過程でソフィストがあまりに多様に現れるため、仕切りなおしてより本質を捉えた分割が試みられる。再び技術一般からの分割が始まるが、「影像を作る技術」を「似像を作る技術」と「見かけだけの像を作る技術」に分割するさいに、そもそも虚偽が存在しうるということについての困難に逢着する。というのも虚偽が存在するという言説は――パルメニデスに反対して――「あらぬものがある」ことを前提するからだ。この困難を解決した後、残りの分割を終えて、二人はソフィストの十全な定義にたどり着く。

「ある」と「あらぬ」に関する議論はあまりに込み入っていて理解が追いついていない。

『ポリティコス』

ソフィストを規定した『ソピステス』に続き、本対話篇はエレアからの客人と若いソクラテス(老ソクラテスと同名の他人)が政治家を規定することを試みる。まず分割によって人間集団を飼育する技術という定義を得るが、医術その他もそうである以上これは誤りである、と客人が指摘し、また宇宙の周期についてのミュートスを語ることを通じてこれを確証する。次いで類例により理解するしかたが提案され、機織り術を類例として政治術が分析される。具体的には補助原因となる技術からそれが区別される。

ここで客人は政体の分類を行う。すなわち君主制・寡頭制・民主制を、それぞれ法律を遵奉するか否かにより分類し、『国家』篇のいわゆる「哲人王」的な政治を第七のものとしてこれに付け加える。かつ前六者に参画する政治家は「内紛的党派指導者」(303C)として斥けられ、理想国家のみがひき続き考察の対象となる。いくつかの技術がさらに分類された後、客人は異なる気質の人びとを織り合わせる技術を政治家の技術として提示する。

『プラトン全集』第2巻

『クラテュロス』『テアイテトス』を収める。なお後者はのちに岩波文庫にも入っている田中美知太郎訳。

『クラテュロス』

ヘルモゲネス・クラテュロスとソクラテスとの対話。名前の正しさを主題とする。まずヘルモゲネスが名前は人びとが各々勝手に付けたものであるという説を唱え、それに対してソクラテスは、名付けることには特別の知識を要すると指摘したのち、様々な名前の語源を示し、かつそれら複合語の各要素をさらに構成する字母について考察することで、これを論駁する。

次いでソクラテスはクラテュロスの説――名前は名前である限り事物の本質を示し、そうでないものは無意味な音の連続にすぎない――を吟味し、むしろ誤った名付けがありうること、また事物を認識するには名前ではなく事物そのものを検討すべきことを指摘する。また最後に、ヘラクレイトスの説を奉ずるクラテュロスに対して、美や善そのものは流動しないであろうと主張するが、この点については未決のまま終わる。

『テアイテトス』

テアイテトスが瀕死の状態で戦地からアテーナイに送還されたおりの、エウクレイデスとテルプシオンとの会話から始まる。テルプシオンはかつてソクラテスが出頭する直前にテアイテトス・テオドロスと交わした対話を記録しており、エウクレイデスの頼みに応じて下男にそれを朗読させる。その記録の内容が本篇である、という構造を取っている。

知識とは何か、を主題とする。はじめテアイテトスが「知識とは感覚である」という説を提示し、ソクラテスがこれを論駁する。次いでテアイテトスは「知識とは思いなしのうち真なるものである」という説を提示し、さらにこれが検討される。さらに発展させて「知識とは真なる思いなしに言論の加わったものである」という説が最後に提示され、これが吟味されてまた最後には斥けられる。さらに、挿入的なテオドロスとの対話におけるヘラクレイトス批判、ないし後半のテアイテトスとの対話における誤った思いなしがいかにして可能かということの吟味、などが、知識に関する以上の議論に絡み合ってくる。

プラトン全集〈2〉クラテュロス・テアイテトス

プラトン全集〈2〉クラテュロス・テアイテトス

『プラトン全集』第1巻 / 売野機子『しあわせになりたい』

プラトン全集』第1巻

いわゆる第一テトラロギアに属する四篇を収める。『弁明』『クリトン』は岩波文庫の久保訳を持っていたので再読した形になる。

『エウテュプロン』

被告人として公訴に赴くソクラテスと、父を殺人罪で訴えるべくバシレウスの役所に来ていたエウテュプロンとの対話。敬虔とは何かを知っていると主張するエウテュプロンの議論が吟味されるが、エウテュプロンの退場により結論に辿り着かずに中断される。

ソクラテスの弁明』

ソクラテスの公訴での弁明。ソクラテスを誹謗する「最初の告訴人」たちを、実際の告訴人であるアニュトス一派と区別した上で、それぞれの「告訴」に対して弁明を行う。有罪が確定し、ついで死罪が決定された後に、投票者たちに対して言付けをして終わる。

『クリトン』

およそひと月の猶予期間を経て死刑が執行される前日にソクラテスとクリトンとが交わした対話。脱獄を勧めるクリトンに対し、国法にそむくことは不正であること、そして正しい生き方にのみ価値があること、をソクラテスが語る。

パイドン

パイドンがエケクラテスにソクラテスのいまわの際の様子を伝える、という設定において伝聞体で描写される、死の直前のソクラテスとケベス、シミアスを中心とする対話。死に直面して恐れをいだくことの当否から魂の不死という主題の吟味に話が移る。想起説から魂の不死を論証するソクラテスに対し、シミアスは魂の調和説を、ケベスは魂が(肉体より強靭であるにも関わらず)可死のものであるという説をそれぞれ提起し、ソクラテスが再度それらを駁し、死後の魂についてのミュートスを語る。議論を終えるとソクラテスは従容として死に就く。

魂の可死を論証する説が出揃って認知的不協和に陥った周囲の人びとに対して、misologos とならないよう諭すくだりが印象的だった。もちろん他にも読みどころはあまたあるのだけど。

売野機子『しあわせになりたい』

前二作と比べても軽快で読みやすい。どれも良いけれどやはり表題作が秀逸だと思う。

プラトン全集〈1〉エウテュプロン ソクラテスの弁明 クリトン パイドン

プラトン全集〈1〉エウテュプロン ソクラテスの弁明 クリトン パイドン

M. デュラス『破壊しに、と彼女は言う』

69年発表のテクスト。もっともそうであることは作品を読み終えてから知った。全体としてよく分からない。ステーン-アリサ-マックス・トルの間に一種の共謀関係が存在して、ともかくそれがエリザベート、あるいはさらにアリオーヌ夫妻、にとって破壊的であることだけは了解できる。共謀関係と破壊がいかにして可能となったのか、ということ(したがって結局はそれが何なのかということ)が、けれども全然理解できない。

小説ともシナリオともつかない形式をもつテクストであり、後にデュラス自身によって映画化されている。

伊波普猷『古琉球』

日本における沖縄研究の嚆矢。それまで時に意味内容さえはっきりとは知られなかったオモロや口碑・家譜を収集し、民俗学的に考究したもの。

いわゆる琉球処分琉球と日本の政治的再結合をごく素朴に見出す態度が、同様にナイーヴな進歩史観とともに目に付く。(アイヌ蔑視などの負の要素もここから帰結する。)これはしかし東京帝大を出た沖縄出身の知識人という立ち位置を考えれば了解できることだ。もちろん他方では琉球の固有性へのあくなき関心が通底している。そこではアイデンティティを構成する歴史の再発見が目指されているのだから単なる尚古趣味でもない。

併せて高良倉吉琉球王国』を再読した。

古琉球 (岩波文庫)

古琉球 (岩波文庫)

中井久夫『治療文化論』

今日の精神医学の営みを、広義の「治療文化」から捉えなおす試み。『西欧精神医学背景史』 を読み返す機会があり、水曜あたりにその参考文献として読んだ。『背景史』初読時は情報を満載した図表の数々に恐れ慄いていたけれど、これはどうも中井久夫の流儀らしいと分かってきた。きちんと見ていけば読解を助ける効用があることも。

良書なのでまとめる作業をしたいが今手元にないので保留。ともあれときに中井久夫自身に関するものを含めた数々の挿話が印象的だった。そしてまた、個人-文化-普遍症候群の階層性、また「個人-環界」の問題とその解決 Erlösung といった枠組みは、中井久夫歴史観、具体的には『分裂病と人類』所収の諸論文における名人芸的な分析、に色濃く反映されているように思われる。

治療文化論―精神医学的再構築の試み (岩波現代文庫)

治療文化論―精神医学的再構築の試み (岩波現代文庫)